肩こり、腰痛、ヘルニア、スポーツ障害の事なら京都市伏見区の久我の杜平川接骨院にお任せください!!

平川接骨院グループのべ100万人の治療実績

久我の杜 平川接骨院/針灸治療院

〒612-8495 京都市伏見区久我森ノ宮町14-12 プレジオ伏見久我1F
スーパー新鮮館コスモ隣り

休業日:日曜・祝日

アクセス:駐車場3台分完備
京都市バス 久我の杜 徒歩1分

お気軽にお問合せください

075-925-8642

営業時間:9:30~12:00 15:30~20:00

京都市伏見区 久我の杜平川接骨院の「突き指」の治療

このような症状でお悩みではありませんか?

病院で湿布と痛み止めの薬をもらったが痛みがなかなか引かない

指が腫れて少しでも動かすと痛い

リハビリの仕方が分からず変形しないかと心配だ

突き指は、なぜ起きるのか?

突き指はいわゆる指の捻挫のことです。捻挫とは強い衝撃が加わる事で関節の可動域の限界を超えてしまい、動きを制限している靭帯や腱が引き伸ばされ、それらが傷んでしまうことです。指の関節は指先に近い方からDIP関節、PIP関節、MP関節と言い指先から強い衝撃が加わることでこれらの関節のいずれかを支える靭帯や腱が無理やり引っ張られて傷んでしまうのです。

突き指が治らない理由・悪化する理由

突き指はまず安静にしなくてはなりません。しかし、指先は身体の中でも良く動かす場所で家事や仕事、何気ない日常生活で無意識に動かすことが多く、ふいに衝撃が加わり痛みを繰り返すことで治りが遅くなってしまいます。また靭帯や腱は回復するための栄養を運ぶ血液の量が少なく完治するまでに時間がかかるのです。

京都市伏見区 久我の杜平川接骨院の
           「突き指」の治療法は?

当院ではまず突き指によって緊張した周りの筋肉・筋膜をほぐし、患部にアイシングや特殊な電気治療、さらにプロのスポーツ選手やペインクリニックで実際に使われている除痛専門の半導体レーザー治療を行なうことで早期に血行を促進し痛みを取り除きます。そして、固定治療を行った後に関節が固まってしまい後遺症が残らないよう元の状態に戻すための運動を兼ねたリハビリを行います。多くの方は痛みが和らいだ時点で放置され、拘縮といった元に戻りにくい状態になってしまいますので、しっかりとリハビリを行い元の状態に戻しましょう。

半導体レーザー治療について詳しくはこちらをクリック

京都市伏見区 久我の杜平川接骨院の施術の流れ

京都市伏見区 久我の杜平川接骨院のご案内

※予約優先制です。初めての方は、予めお電話下さい
  また、初診時には問診と検査、症状の説明にお時間を取らせていただきますのでお時間に余裕をもって
  ご来院頂きますよう、よろしくお願いします。

伏見区 久我の杜 接骨院

お身体の痛みやしびれでお困りの方は平川接骨院にご相談下さい!!
※画像をクリックすると平川接骨院グループサイトが見れます。

トリガーポイント手技治療痛みの原因であるトリガーポイントを見極め、根本的にトリガーポイントを取り除く治療法です。

トリガーポイントに直接針を刺し、血流を一気に集め、トリガーポイントの解消を早めます。

トリガーポイントに照射することで、痛みを感じず内部で熱を発生させ血流を改善します。

頭痛に特化した治療です。首から頭部にかけての筋肉・筋膜を治療し、頭痛の早期改善が出来ます。